MENU

【小学生になる息子へ】プレゼントに最適な名入れ鉛筆を調べてみた

4月から小学一年生になる息子へ、名入れ鉛筆をプレゼントしたくて調べてみました!
自分だけの特別な鉛筆を使って、沢山お勉強を頑張ってほしいです。

(スポンサーリンク)

目次

小学校低学年用の鉛筆の選び方

まだ字が上手に書けない小学校低学年のうちは、とにかく正しい持ち方で綺麗な字を書くことに慣れておく必要があります。字を書くことにストレスを感じないよう、少しでも書きやすい鉛筆を選んであげたいですね。

鉛筆の濃さ

鉛筆には JIS規格で6B~9Hまでの17種類の硬度があり、小学校ではその中でも濃くて柔らかい書き心地の 「B」、「2B」、「4B」辺りが良く使われるようです。(息子の小学校では「2B」を推奨しています。 学校の方針によって違いがあるかもしれないので、チェックしてみてください。)筆圧が強いお子さんだと手についた汚れで手が真っ黒になることもあるかもしれないので、もし濃すぎるようなら硬さを変えてあげると良いかもしれません。

鉛筆の形

はじめて鉛筆を使う子供には、親指、人差し指、中指でしっかりと鉛筆を固定できる三角鉛筆か六角鉛筆が良いとされています。私の息子もまずは三角鉛筆で正しい鉛筆の持ち方を練習しました。綺麗な文字を難なく書けるようになるまでは、指を固定しにくい丸形鉛筆は避けた方が無難でしょう。但し、三角鉛筆は専用の鉛筆削りの価格が高めで、通常の鉛筆削りだと使えないことが多いため注意してください。

実際に小学校準備品として売られているものは、Bか2Bの六角鉛筆が多かったので、その中から選べば安心でしょう。

デザイン

学用品として可愛い鉛筆が沢山売られていますが、無地しか許可されていない学校もあるので注意しましょう。また、流行りのキャラものなど、デザイン重視で作られている鉛筆も多く、Bや2Bでも硬くて書きにくいものもあるようです。信頼できるメーカーか、書き心地を意識して作られた商品かをチェックしてから購入しましょう。

兄弟がいるお家は、苗字だけの名入れにして、兄弟で使いまわすのも良いかもしれませんね!

鉛筆に名入れしてもらう方法

店舗で鉛筆を購入し、名入れをサービスを依頼

文具店等で購入し、名入れをしてもらう方法です。お店に足を運べる場合、実物を見て気に入ったものを選べます。鉛筆+名入れ料金のみで注文できるため、ネットで注文するより比較的安く済むことが多いです。数店見て回りましたが、品ぞろえの多いお店では大手メーカー品30種類以上の鉛筆がありました。

実際に行って調べた店舗の例を載せておくので参考にしてください!
大手メーカー品も安値で販売しているお店もあるのでお得に買えるかもしれません!

 例①地元文具店、業者発注

  • 名入れ料金:無料
  • 発注可能数量:1ダース(12本)単位
  • 対応種類:同店舗で購入した六角軸、三角軸、丸軸の鉛筆(色鉛筆も可)
  • 名入れ文字:ひらがな又はカタカナ、金の箔押し(空白込み最大15文字まで)
  • 仕上がり:約1週間

 例②大手ホームセンター、店舗仕上げ

  • 名入れ料金:100円 (10ダース以上のまとめ発注なら無料)
  • 発注可能数量:1ダース(12本)単位
  • 対応種類:同店舗で購入した六角軸鉛筆
  • 名入れ文字:ひらがなのみ、金色
  • 仕上がり:約1週間(+200円で当日仕上げも可能)

ネットで名入れ可能な商品を購入

ネット上で販売している名入れ可能な商品を購入する方法です。スマホやPC上で手続きが完了するのでとにかく楽です。お店では見かけなかったデザイン鉛筆があったり、フォントを選べたりと、より自分好みの鉛筆を作ることができそうです。実物を見なくても大丈夫な方は一度チェックしてみると良いかもしれません。大手メーカー品は店舗販売に比べると、送料分高くなってしまう場合が多いです

名入れ可能なおすすめ鉛筆

店舗で選ぶなら

三菱鉛筆 uni Palette
出典:https://www.mpuni.co.jp/
出典:https://www.mpuni.co.jp/
トンボ鉛筆 ippo!
出典:https://www.tombow.com/
出典:https://www.tombow.com/

シリーズの中にシンプルなもの、かわいい柄つきのもの、いくつもデザインがあるので好みのものを選びましょう!

ネットで選ぶなら

↓くすみカラーで可愛い!!赤青鉛筆も入っていますよ!

↓ディズニー好きなら!女の子も男の子も♪13種類から選べます!

↓新幹線好き必見!!

↓人気のhahatocoシリーズ。うちの子も持っていますが、とってもかわいいですよ!

紹介した以外にもたくさん種類があるので、探してみてください!

実際に作ってみた

息子の小学校では派手ものは避けるよう言われているので、色味を抑えたかわいいものを選んでみました。実際にホームセンターとネットでの購入をしてみましたが、どちらも頼んでみると簡単ですぐに出来上がりましたよ!

三菱鉛筆 hahatocoシリーズ(はりねずみと猫)

地元ホームセンターで発注し、販売価格475円+100円(名入れ料金)でできました。名入れの色が金色で画像だとよく見えませんが、とてもかわいく仕上がっていてお気に入りです。

おなまえ王国 (新幹線)

新幹線好きなので息子も大喜び。すべて異なる車両なので、使うのが少しもったいないですね。(笑)黒文字なので名前ははっきり見えます。送料込み880円で作れました。

購入はこちら↓

まとめ

名入れ鉛筆は店舗でもネットでも購入できます。自分のお子さんやお孫さんへの入学記念、お友達へのちょっとしたプレゼントなどに最適です!内緒でプレゼントしても、お子さんと一緒に気に入った鉛筆を選んでも良いですね。2月~4月頃の発注は入学準備をする人で混みあいますので、余裕をもって選んであげてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。素敵な鉛筆が完成しますように…♪

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは!2人の子供命!お得大好きな普通の主婦です。会社勤めをしながらブログを書いています。基本真面目に、たまにくすっとできるようなネタをかけたらいいなと思っています。好きな食べ物は、ホタルイカの沖漬けです。

コメント

コメントする

目次
閉じる